セロ弾きばあちゃん

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

なぜか思い出した父の事

2016-10-12 11:23:24 | 日記

実家へ新米をもらいに行ってきました

国道4号線のT字路は

父が県立病院へ向かう救急車に出逢ったところ

私が実家に向かう途中 救急車の運転席の隣に弟が座っているのが目に入ったのです

いつもは 気が付かないのに不思議でした

すぐ引き換えして病院へと向かいました

嘔吐・下痢がひどくノロウイルスかなと思いました

しかしそれは想像外の癌の末期症状でした

92歳 亡くなるまで気力がはっきりしていて

1か月の闘病生活でした

病床では同窓の後輩が創った

「北上夜曲」の事を何度も話していました

「夕暮れに動く人影里の畑

秋菜摘待つ九十の父」

詠み人   セロ弾きばあちゃん

亡くなって十年になります

私はファザコンだったのかな~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の合唱祭が終わりました | トップ | 犬も好きな甘がき »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうかもしれませんね (のんべがぶえ)
2016-10-13 11:55:50
私も、色々な思い出がありますが、穏やかな表情ばかりですね。中学校の入学式に来てくれたのは40年前ですから、62歳だった・・・のかな?
亡父の想い出 (ひろし爺1840)
2016-10-14 09:44:38
 !(*^_^*)!ゼロ弾きばあちゃんさん、お早うございま~す!

@!(^^)!@素敵な絵と俳句に・・・拍手!
★FaceBook「f・いいね!シェア!」→済!

!('_')!今朝は船の旅③最終回・長崎~熊本~横浜観光をアップしましたので、憩のひと時を一緒に過ごして頂ければ嬉しいで~す!
◆ご覧頂いた感想を頂くのを楽しみにしておりま~す!(^^)!
!('_')!朝は寒く日中は暑くなる様なので風邪など引かない様に週末をお楽しみくださネ、バイ・バ~ィ!
悲しくとも懐かしい思い出 (ロミオ)
2016-10-14 14:39:35
親子だから心が通じるのですよね。私の父ももうダメだと聞き駆けつけたとき、誰にも反応しなかったのに、私が名前を言うとビクッと目を開けようとしました。ああ、まだ生きていると思ったものです。その後2週間程度生きてくれました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む