ちょんまげ一代

日本一のちょんまげ、南伊豆の料理宿「ホテル山海」のあるじがお届けする人生泣き笑い。

商人道

2017年07月15日 | 商売繁盛させるには
私は15歳で東京に上京した。
中卒です。
東京の叔父さんをたよって鶏肉屋に奉公した。
10年間の修行した。
結婚と独立。
叔父さんの教えは商人なら「何時も商売繁盛」の事を思っている事だった。
独立してからは
他の誘いに乗るな‼
何かの役員は引き受けるな‼
だった。
商人は商売繁盛だけを考えろだった。
それでこんにちの今、になった。
だけれども、74歳の今は会長です。
若い人達を見守るだけです。
何時までも、若い人に文句を言っていると若い芽が出ない❗
若い人は伸びない❗
若い芽をつむと伸びないからです。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀座とは? | トップ | 私が作った山海のスイカ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。