習志野市パークハウス津田沼奏の杜への土地引渡のための強制執行事件

前習志野市長荒木勇氏とその後援会長の虚偽で実施。電動ノコギリでドアを壊し、極寒にした部屋で、病気高齢者の布団を剥がす。

2013/7/24違法強制執行に対し、損害賠償請求訴訟及び国家賠償訴訟を提訴

2013-09-09 | 報告

虚偽理由で行った強制執行は、まったく必要性が無く、違法であると平成25年7月24日に被害者が提訴。
「土地区画整理法第101条の土地に対する損失補償事件」(平成25年5月17日提訴、7月2日に第1回目の口頭弁論)
とは別件。

被害者は21名の被告を相手に提訴。
21人の被告:JR津田沼駅南口土地区画整理組合、組合の理事12人(実行メンバー)、
       (株)フジタ、(株)フジタ職員5名(実行メンバー)、
       習志野市宮本泰助市長、
       強制執行の認可をした当時の習志野市長の荒木勇氏(弁護士)

       **強制執行の実行メンバー(本部待機メンバー)として組合側の顧問弁護士の小澤英明弁護士、強制執行のアドバイザーの岡部哲夫氏(まちづくり区画整理協会理事)等も
         参加しており、彼らは嘘の理由に基づき行った強制執行に、積極的に加担(むしろ推進)していたのだから本来は被告となりうると思われるが、、、
         過去、東広島市において岡部哲夫氏が携わった強制執行の悪質さも、尋常ではない(現在、係争中:被害者が最高裁で差し戻しをとる)
         

第1回の裁判所呼出期日は本年10月11日(金)10時30分から千葉地方裁判所602号。






**今まで励まし応援いただいた方々へ**

私、被害者より心より御礼申し上げます。

いつも心強いお言葉、応援本当にありがとうございます。
強制執行が行われた平成23年1月31日のあの寒い日の悪夢のような日から2年半が過ぎました。
その間、苦しい思いと闘いながら、現実を直視し、問題に向合ってきました。

人として、女性としての尊厳を踏みにじられる行為
 >公にされる屈辱的な数々の嘘。
 >強制執行日に一日中、執拗に顔を撮影される屈辱。
 >大勢の男たちにいきなりプライバシーを侵害される屈辱。
 >老齢病中の母親が、目の前で布団を剥される苦悩。等々、、

が、これほどまでに、凄まじく辛いという事を、この事件を体験して、知りました。

これまでの屈辱、理不尽な事、不可解な事、真実だけを裁判で主張していきたいと思います。
ここまで、頑張ってこれたのは、応援いただいた方々のおかげです。

これからが、本当の始まりと言えるかもしれません。
今後ともよろしくお願いいたします。













『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013/7/6 奏の杜区画整理第9... | トップ | 2013/9/13-101条補償裁判3回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。