習志野市パークハウス津田沼奏の杜への土地引渡のための強制執行事件

前習志野市長荒木勇氏とその後援会長の虚偽で実施。電動ノコギリでドアを壊し、極寒にした部屋で、病気高齢者の布団を剥がす。

2013/9/13-101条補償裁判3回目(民事3部)

2013-09-13 | 報告
本日で、101条裁判の裁判所呼出は3回目です。

メンバーは裁判長(途中御退席)、裁判官、書記官、被告組合の弁護士2名、被告組合の事務職員、原告弁護士、原告(私)


1.前回(平成25年7月26日)同様、訴訟内容の整理、扱い場所(部)、等が話し合われました。

2.被告の準備書面と証拠が提出され、次(10月22日)までに原告側がその反論をします。


被告側は、習志野市、執行停止事件時の千葉地方裁判所、千葉収用委員会において主張していた内容
とほぼ同様の主張をしてきました。(なぜか内容が違ってきているところもあります)

裁判のプロの方々からしたら、当たり前のことのようですが、事実関係の嘘、私たちの言動等に対する嘘が相変わらずで
今となっては、怒りよりも、こんなことばかり書いてくる、被告が哀れに思えてきました。
彼らは、自分達から持ちかけたことも、私達から要求したといい、私たちの原因にするために色々な作り話をします。


今回の主張で、最も幼稚だと思われたところは、協議が途絶えた理由を私達のせいにするために
「原告(私の母)が、組合が長男に優遇していると勘違いをして、協議が途絶えた」なる主張です。

この件を母に伝えると、母は
「おかしな事いうねぇ。この世に、息子が優遇されて嬉しくない母親はいないのにねぇ」
と言っておりました。

ジャンル:
速報
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013/7/24違法強制執行に対し... | トップ | 当ブログの発信者について »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶対屈しない。 (紫式部)
2016-03-29 16:56:35
大変な目にあいましたね。私は、現在大変な目にあっているところです。弁護士さんが協力してくれたようでよかったですね。判決は出たのですか?裁判もかなり理不尽に進んだのでは?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。