チョアンの二言から~何言まで!!

チョアン(犬二匹合わせてそう呼びます)の写真…たまに、アップします
自分じゃない誰かが聞いてくれてる気がするブログ

『腹が減っては、戦が出来ぬ』なるほど、ケーブルテレビで(歴代の武士が愛した料理)放送ー興味津々

2016年10月16日 01時44分38秒 | 二言から何言のつぶやき
『腹が減っては、戦が出来ぬ』とは、まさに名言
歴代の武士そのものに、余り関心はないが
生き様を歴本で読むかぎり、武将であった人々は
足元に及ばぬ知恵を講じたに違いない
また、そばにおつかいする奥方は
さぞ、辛抱強さは、
語れぬほどのものであったと推測する

ならば、私は、チリに劣る人間なのだろう
だから、この世俗に思い悩み、
バカな言葉を行使して、
さも、自分はえらいと思ってるのか?
計り知れないバカなのは、私なんだ

変人と呼ばれた歴代に残る人は
それでも、歴史上、名を馳せた人だ

今、生きてる…私達に、何か遺してきた
そう感じないのは、物があふれ、物に
操られて、しんしんとした中に
身を置かず生きているからだろう

私は、文の書き方は知らない
まさに、自分流で、話題もない私が
書くことは、詰まらない話しばかりだ

バカな私だから、臆面もなく、こうして
ブログに、投稿できるのだろう

『襟を正す』ことを知らない私
だから、人への思いやりが多分に欠けてる

口先だけは、ご立派な私だが
実は、詰まらない人間だわ

でも、染まりきったこの性質は
自分の手で変えることもできない
変身など出来ぬほど、
色を何万回?何十万回?重ねてきた
薄皮でない、鉄より固い悪質は………

武田信玄《ほうとう》
平賀源内《土用の丑の日》
徳川慶喜《豚と白菜の博多蒸し》など

現代人が、食べてる料理を
歴代の武士が、愛してた

料理を愛してた………そう思う!

日常茶飯事に作る料理に
愛を込めて作ってるだろうか

手間をかけるとは、《愛》だと
私も、現代人も、とっくに忘れてる

手間をかけた料理は、自分にも響く

保存食は、時には、命を守るものだった

余計な化学調味料など一切使わず
作られた料理の味を知らない人が
多い現代人だ

《食べ物》に深く考えてたことも
なかったが、

現代人が、食べてる料理は、
武士が、愛してやまなかった歴代の
料理だったと初めて知った




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こてっちゃん(袋入り)が、... | トップ | 姉が感心して言ったことがあ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む