と~ま君のおじぃ~ちゃん生涯学習ごっこ日記 

九十九里浜で年金暮らしの爺。惚け防止のため簡易風呂からゴミ箱にもなるドラム缶のごとき生涯学習ごっこ生活を送っています。

アルバムを作った。バルト3国とロシアのを。安かった。

2017年07月17日 08時25分41秒 | ジジイの流儀2017

しかし、まぁ~~~やることがないですなぁ。こんなんで良いのかね?

 

 

昨日、ロシアの旅で撮った写真800枚からセレクトして80枚ほどプリントアウトした。むろん写真店である。自分のパソコンで印刷したら、ちょっと質的に満足できないから。もっともプリンターが安いからである。

それをアルバムにした。解説を書きながら。

今まではPhoto Bookにしていた。しかし、時間がかかり過ぎる。あれは写真店のパソコンで編集をしなくちゃならないから、ダメだ。間違ったらしょうがないと思って慎重になってしまう。4時間くらいかかっていた。それでもって、写真を選ぶのにも老夫婦で喧嘩になっていたんじゃ話にならんから(^_^)。

安いし、これが一番いい。それに、誰にも見せるわけではない。老夫婦だけで楽しんでいるだけである。長男がすぐ近くに住んでいるけど、長男だって興味を感じないらしい。もっとも長男は、大学生時代に北欧に行っている。剣道の稽古で。しかも二回。だから、まったく興味がない。あたり前である。ジジイとババアがどこに行こうと関係ないからだ。

わははっはははっははっははっはははは。

他人に見せたら、自慢していると誤解される。だからそんなことはやらない。老夫婦で密かに思い出にひたっているだけ。

それでいいんじゃよ。

ロシアの経済発展にびっくりしてきたし。

かねて聞いてきたロシア美人には感動してきたし。

文化レベルに到っては、相当なもんじゃと思ってきたし。

さすがに文豪の国である。大好きなドストエフスキーの国であるから。ものが違いまんな。まったく。

いつも海外旅行に行ったときには、地元のスーパーに寄って買い物をするのが楽しい。旅行会社とはリンクしていない庶民のスーパーに行く。そこで安い食料品を買ってくる。目が飛び出るほど安いのである。

為替相場にも慣れるし、一挙両得である。それに、語学の勉強にもなる。もっともロシアは、英語がなかなか通じない。こっちもなかなか英語はカタコトであるし。

でもロシア人は親切ですなぁ。ツアーの旅程にないことをしてみると、いろいろとふれあいがあって楽しいからである。

大学に日本語学科が古くから設置されていたようだから、日本研究がさかんだったということだ。

フィンランドのヘルシンキ大学も同様である。現地ガイドの27歳の女性にそう聞いた。もっとも彼女はヘルシンキ大学で修士(日本語学)をとってから、大東文化大学に二年間留学した。歌手の浜崎あゆみが好きで、日本に興味を持ったと言っていた。

動機はなんでもいいのである。

ボキも、生涯学習ならたくさんの動機を持っている。しかし、残念ながら資金がない。うううううううううううううううむ。致命傷である。

ただの年金暮らしのジジイである。

おとなしく九十九里浜で生きていきまひょ。

今日は、祝日であるから図書館が開いている。

昨日宮沢賢治の本を(研究書を含めて)5冊借りてきたから、持っていって読んでくるか。

むろん歩いていくけど。

Gymの方は休みなので。月曜休館になっているから。

 

ヾ(*´∀`*)ノ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年 小見川祇園祭 | トップ | 吉増剛造先生の手法に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ジジイの流儀2017」カテゴリの最新記事