と~ま君のおじぃ~ちゃん生涯学習ごっこ日記 

九十九里浜で年金暮らしの爺。惚け防止のため簡易風呂からゴミ箱にもなるドラム缶のごとき生涯学習ごっこ生活を送っています。

睡眠時無呼吸の検査を今朝までやっていた。けっこう面白い検査であった。

2017年05月17日 05時25分48秒 | ジジイの流儀2017

家で簡易睡眠ポリグラフィーというものをやった。それを今日の朝返却して、それから午後はgym。夜は中国語講座である。

 

 

簡易睡眠ポリグラフィー検査なるものを受けた。昨日の夜から、今朝までである。自宅である。合計6時間以上寝なくちゃならない。それに鼻にチューブをつけて、測定器をみぞおちの上にテープでくっつけて寝た。左手には、センサーみたいなものを装着してである。

とてもじゃないが、寝られるものではない。何度も起きてしまった。

睡眠時無呼吸というのを、自分で疑っているからである。病名は、これからドクターがつけてくれるだろうから今のところは仮称である。患者が自分でつけていたら、ドクターは要らないからだ。

ドクターに叱られてしまう。自分で病名を作っていたら。

それにしても、退職したらいろんな病名がくっついてきやがったなぁ。嫌だ、嫌だと言ってもくっついてくる。ダンダンと、身体が言うことをきかなくなってきている。

もっとも睡眠時無呼吸症候というのは、若い人でもなるだろう。太っている人に多いそうだ。痩せたジジイのボキは、最初の診察でドクターに「痩せているようだけど」と言われた。言外に痩せたニンゲンはいびきをかかないというのがあるんだろうけど。「wifeがそう言っているので・・・」と申し上げた。

そうなのである。旅行に一緒に行くと、いつもそれでトラブルになる。うるさくて寝られないというわけである。奥様とのトラブルは嫌いであるから、素直なボキは、きちんと病院に出かけたのである。

旅に出て、酒を飲まなくてもいびきをかくのだそうだ。酒を飲んだら、相当ヒドイらしい。らしいというのは、自分でわかんねぇからである。

困ったもんである。それに健康によくない。いろいろな病気の原因になっちまう。こりゃ早めに手当をしてもらうしかない。だから、病院に行ったのである。

足がむくんでいると思って、気軽に病院に行ったらその日にICUに入院させられた記憶が蘇った。中退した某大学大学院時代である。まさかの展開であった。エコノミークラス症候群になってICU送りになってしまったのである。2年半前であった。

だから気をつけているのである。ちょっとした身体の変調でも意識して対応を考えているのだ。

むろん根底には、自力で健康な生活を送っていきたいというのがある。可能な限り、自分でトイレもやりたい。他人に迷惑をかけたくない。それはそれでこれからの人生の目標にもなる。健康で生きていきたいのである。最後までボケないで、しっかりしたジジイでありたい。

今日は、朝、簡易睡眠ポリグラフィー検査の機器を東洋一の巨大病院に返しに行って、それから古文書講座に出かける。Wi-Fiが入ったので、パソコンも持っていく。木簡データベースというのが東大のご尽力でできて、これで検索しながら古文書が読めるようになったからである。

便利な時代になったもんじゃ。

それから午後はgymである。

もっとある。夜は、中国語講座で居住地の方の講座に行ってくる。

楽しいジジイ生活だ。

わはははっはははっははははっはは。

 

(;_;)/~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月16日(火)のつぶやき | トップ | 5月17日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ジジイの流儀2017」カテゴリの最新記事