花鳥風月猫三昧 Ⅱ

京都にて四匹の猫とマッタリ暮らしています・・・ バオバオ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盲目のピアニスト

2016年12月07日 | アート・文化

11月末、祇園花見小路のジャズホールで催されたシャンソン発表会は
誰も滑ることなく、

観客を感動の渦に巻き込み?大成功裡に終わりました。

私の応援団は知力・体力を試しにやってくる姉が二人とその娘たち、
私の趣味の会の友人が一人。

合わせて5人、客員動員に協力いたしました(^-^)


ひと月ほど前、大阪のシンフォニーホールに、
盲目のピアニスト、辻井伸行のコンサートを聴きに行きました。


澄んだ音色の「ラ・カンパネラ」は圧巻です。

フジコ・ヘミングのそれと比べるとその違いは明らかです。
20代の辻井と80代のフジコの差もありましょうが・・・


彼の母である,いつ子
さんの手記を読むと
子供の才能を開かせるにはその母親の気づきがいかに大事かが窺えます。

思い返せば、

私などは子供の自主性に任せっぱなしだったように思います。

もう、どうしようもないほど遅きに失しますが。

  いつ子さんの悲しみとその後の苦労はちょっとした真似事では及びもつきません。

天才と偉大な母親のサクセスストーリーですね。

3か月先のコンサートチケットは完売です。

最近ドライブではいつも彼のCDを聴いています。





またまた、チェリーの腎臓が機能不全を起こしています。

医師の忠告で毎日活性炭を2カプセル飲ましていましたが
それでは追いつかなくなったようです。


3っ日前から点滴と11個(医師が7個、私が4個)の活性炭を与えていますが、
まだ食欲がありません。


祈る外ありません。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えらいこっちゃ | トップ | 息を凝らして »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聴きに行きたい! (ねじっこです)
2016-12-14 05:16:31
バオバオさん、おはようございます。

風邪が全快して、予定通り歌えたのですね!
良かった良かった。
お近くでしたら私もぜひ足を運びたいところです。
辻井さんのコンサートは、いまだチケットが取れないワタクシ。
フジコ・ヘミングも好きですが、確かにまるで違いますね。
同じ曲でも演奏者の個性が現れてしまうのが音楽の恐ろしくも素敵なところ。
音楽の道を選ばなくて良かったです(笑)

チェリーちゃん、心配ですね。
この寒さがこたえるかもしれません・・どうかお大事に。
Unknown (バオバオ)
2016-12-16 11:39:20
ねじっこさん、コメント有り難うございます。

客席にねじっこさんの姿が見えたら素敵でしょうね(^^♪
「年々、上手になっていく」とは応援団の思いやりのある言葉です(^_^;)

医師から引導を渡されて、葬儀社が頭をかすめ、実際に保冷剤を冷凍庫にしこたま保存しました。

ところが何も受け付けることのできなかったチェリニャンは2日目から水を自分で飲むようになりました。
今はフードの前で欲しそうにしますが、食べることが出来ないのでシリンジで活性炭、缶詰、水を練ってシリンジで与えています。

生きようとする力がまだ残っていたようです。
病院にはあれ以来行っていません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。