月子日記

思うこと、好きなもの

仕事モードはじまり。

2016-10-17 22:48:03 | 思い
なんか、久しぶりだな。

このめまぐるしい忙しさ

今日は朝イチは役所の担当監督さんに打ち合わせ日の予約をして

昼前にでて茨木のG社に。

昨年した補修のところで、みると、どうも、うちが二層できちんと補修したがために、補修してない箇所が弱いため、ひび割れてきてしまい。

面積をはかり、見積もりすることに。

まあ、去年と同じくらいとおもわれる。

ただ、直取引ができるのかどうか、です。
うちのような弱小企業にはなかなか口座つくってくれないものなあ。大きい会社ほど。
でも、ゼネコンさんに依頼するより、そりゃあ、だんぜん安くて、きっちり仕事はしますよ、
といっても、数字しかみないもんな。
上層部のかたは😞💦

でも、こないだのN社の岸和田の現場はどうも他社に勝ったみたいで。
また連絡するとお電話あり。
よかったよかった。

姫路の見積もりも急がなきゃ。
めちゃめちゃでかい工事なので、ひょえー、なんだけど。
やることはおなじなんやけど、面積がひろいと、金額的にもあがるだけのことなんだけども。

で、茨木からかえり、今度の市の工事の現場をみて、その後、その近くの以前よくいったお店でごはんしてきた。
嫌な思いもたくさんしたなあ。そのお店で。おっとに背中どつかれたり。
やたら、そのお店では、不機嫌にぶちきれだしてたりしたな。
いまとなっては、すっかりそれがなくなったけどな。現場いく車内でも。
またそこのお店のママに、
彼女はなんか運をもってる、大事にしなきゃ、と夫はいわれてた。

ウンウン、ママ、いいこといってくれるよ🎵もっといっといて、と思いながら。

帰って、夫が夜勤いくまでは寝てたが、それからおきて、すこし、見積もりの下仕事を。

あらかた、計算がおわったので、ねます。
忙しくなるなあ。
これからしばらく。

なんか、この何ヵ月か、いなかにいる方が多かったし、わたしがせいてするような仕事もなかった。見積もりとかも。
でもほんとうはこうでなきゃ、会社はつぶれてしまう。
そのうえ、金曜には資格講座の勉強代金支払ったし、それもいよいよ始まるし。
年末は、けいしんに、市の入札参加申請に、市の工事の書類に大忙しになる。
年が明けたら、収集運搬の講習と試験をうけて。
春には収集運搬の許可更新の手続き。
春からは本格的に勉強も。

ひー💦💦💦

気がかりは、父のこと。

昨日退院したのに、今日また入院。

これは、昨日具合悪そうやのに、医者がもう大丈夫とかってに判断し、退院させられたもの。
あきらかに、入院まえとおなじく、手がふるえ、それだけでなく、頭もぼけかかってるらしく、ライターでライターに火をつけようとしたり、たばこをならべて、これは浸けもんといったり。おかしすぎる。
なにより、本人が入院したいといったことが、なにより、おかしい。
ヤブにしても、ヤブすぎないか。
妹は泣いて訴えてきたらしい。
医者は面倒見れないからて、押し付けられても、なんて言い方をしてきたと。
あきらかに、ぐあいわるそうやのに、おかしいわ‼

入院したとなると、父が家にいるよりは、妹は世話がかからず、楽なのだが。
今日はほとほとつかれたらしい。
精神的に病んでる妹にはきついとおもう😣💦
でもわたしも身動きできず…
今週帰れても金曜日あたりかな…💦
病院いってお着替えと様子をみにいくだけやろけど。
家も気になるよう💦
大根の間引きしなきゃ。

家かえっても、施工計画書作りにおわれるだけやけどな。
でもまた、すぐに、打ち合わせとかなんとかで、呼び出しくらうのでは。

先週の金曜にした府の入札参加申請は無事に書類が届き、受理されたもよう。
これは簡単でした🎵

一つ一つ終えていかねば。

あしたは前払金専用口座をつくりに、夫と銀行いき。

今夜も夜間仕事に夫はいってるけど、また三時頃帰るのだろうけど、わたしは一緒には飲まないよといってある。
飲むと朝から仕事できないし。

あしたは忙しいです。

ふう。

だども…
この腰の痛み‼
痛み止のんできいてるあいだは、なおってきた?とおもうくらい、うごけてる。
現場いってたころは、すごく、痛くなくなってきてたのに、夜になる頃にはうずいてきた。
また痛み止をのみ、きいてきたら、さっき、仕事できたけど、なんや、肩も背中も痛くてよ😣💦

しばらく、これとの戦いかも😣💦
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛い😢 | トップ | 出すもの出して »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む