日々の記録

プレ後期高齢者にはまだ早い・・とは言え、認知症は心配です。

機長、事件です!空飛ぶ探偵の謎解きフライト

2017-04-23 | 小説を読む
秋吉理香子著

内容紹介 Amazonまま
嫌ミスの気鋭が描く、新境地トラベル・ミステリ。 空飛ぶ名探偵、登場! イヤミスね

ニッポン・エアラインのパイロット間宮治郎は、成田発シャルル・ド・ゴール着のフライトで国際線の副操縦士としてデビューしたばかり。
フライトを共にするのは、ニッポン・エアラインに20名ほどしかいない女性パイロットの中でも“切れ者”として知られる氷室翼。
そのクールな容姿と冷静沈着さから「アイス・クイーン」の異名を持つ。

そんな彼女のとの初フライトは事件が頻発。
往路では高級宝飾品消失、フライト先のパリの市場では怪しげな連中に追われ、
モン・サン・ミシェルでは殺人事件に遭遇、さらに帰路では搭乗客が苦しみ出す……。

疑惑の事件を前に、氷室は持ち前の洞察力で、証拠から矛盾を見いだし、事件の真相に迫る。
事件と推理の中、航空業界のお仕事と成長、そして淡い恋を描く、本格トラベル・ミステリ!


イヤミス作家なのはともかくとして、KADOKAWAPR誌「本の旅人」によると、
秋吉氏の両親はパイロット。そして、秋吉氏の姉もパイロットの、秋吉氏曰く、
「家族で私だけパイロットではない」作家の書いたパイロットものミステリ。ぱいみす?
機内の様子がリアル。パイロット家族の助言や手直しが入った作品。
話し言葉が不自然で残念。事件も・・・ちょっとなーーー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぴよりん*カフェ ジャンシア... | トップ | 髙村薫♫土の記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。