日々の記録

プレ後期高齢者にはまだ早い・・とは言え、認知症は心配です。

髙村薫♫土の記

2017-04-24 | 小説を読む
感想を書こう、メディアで見た記事を記録しておこうと思いつつ放置。


「すばる2017年2月号」
伊佐夫の物思いの対象があちこちにとぶ。脈絡があるようでないような意識の移ろい。
全般に亘って伊佐夫の思考はゆらぎ続ける。


髙村氏談
・ 今回は高齢者の主人公ありきではなく、まず“土”の話を書きたかった。
・ 人間にはどうにもできない自然というものにわたくしの関心が向いていく。

外から来た人間は永遠によそ者と見なされる農村。
そして、婿養子は死ぬまで婿養子。

そんな農村が、「深層崩壊」により、岩盤まで崩れ、地形が変わってしまうラストに感じ入る。
その部分の髙村氏談。朝日新聞より。
・ 何かの悲嘆、悲観を描きたかったわけではない。ただ、生きるときは生きるし、死ぬときは死ぬ。
 人間だったらこういうものだ、ということ。

積ん読本増殖中
あと数作ある・・・。あれっ、市ノ瀬、なんでおまえがここにいるんだ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機長、事件です!空飛ぶ探偵... | トップ | はらドーナッツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。