日々の記録

にちにちのきろく

群ようこ♫ネコと昼寝

2017-01-30 | 小説を読む
「れんげ荘」シリーズ3作目「ネコ」は、ぶちお(本名:アンディ)
コーヒーの香り?朝は具だくさんの味噌汁で質素に暮らす日々。
優雅な内容の帯が中身とかなりずれている。読まずに書いた。きっとそう

名広告代理店を早期退職!して内の古くて家賃の安アパート「れんげ荘」に引っ越しし、月10万円で暮らすキョウコ。
3作目は、やや迷いが出てきた上に、母親入院で幕切れ。えっ、ここで終わり?
兄嫁にタクシー代の心配をかけ、不安になったところでおしまい。続きがすぐに出そう。

前作「働かないの」
役場の担当者:あのう、今後の参考にしたいので、どうして働きたくないと思われたのか、教えていただけませんか

キョウコ:もう一生分、働いたと思ったからです。朝から深夜まで、嫌なことも理不尽なことも我慢して。
     その分高給だったので、できるだけ我慢して、お金を貯めてやめたのです。なので働く気はもうありません

激務の有名広告代理店:電通あるいは博報堂を退職して、
相性の悪い母親から独立するために若者に人気の駅(下北沢たぶん)近くの
家賃3万円の築40年以上のアパート「れんげ荘」に越してきて、何年?3年だいたい50歳目前。

単行本と文庫化した方。文庫の表紙、中身を読まずに描いている。ぜったい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自家製レーズン酵母で焼く ◇ ... | トップ | *手づくりパンとお菓子*ハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事