日々の記録

プレ後期高齢者にはまだ早い・・とは言え、認知症は心配です。

堂場瞬一♫黒い紙

2016-11-05 | 小説を読む
堂場企業もの。うーーん・・・。
黒い紙

残念な新人・一ノ瀬どころではない。社員として、これはない。同じ職場にこんな人間がいたら日々イライライライラ。
境美和がラストあたりで蹴りつけていた。わかるよ、その気持ち。もっとやってもいい。
その境美和に対する分析が
〈仕事の面では優秀だから、会社としては手元に置いておきたいのだろうが・・・〉あんたにそんなこと言われたくないよ

シリーズ化・続編はやめてほしい。成長?変化?はぁ?期待できない。

Amazonのレビュー

残念。こんなにつまらなくて読んでいていらっとする本は初めて。
投稿者 HY 投稿日 2016/10/16
著者とそのファンには申し訳無いが、最後まで読むかどうか迷うくらいつまらなかった。というか、読んでいていらっとする事が本当に多かった。
・で、なんでいらっとしたのかな、と自分の感情とこの本の中身について考えると、
とにかく登場人物の行動や言動、話の流れが不自然な点が多くて違和感を多々感じた。
もちろん、小説なので当然想像していない事が描写されるのは当然承知だが、それにしても不自然。
・例えば、主人公は元警察で現在はリスク管理会社に勤めており、
顧問契約のある顧客にある事件について色々と質問やインタビューをするのだが、
普通顧客にそんな聞き方しないだろ、とか、
顧客が答えたがっていない事をそんなに根掘り葉掘り且つ答えて当然とばかりに聞かないだろ、等々と感じる場面が多々あった。
・話の流れでも、「いやその設定でその場面でそんな事しないだろ」と思う場面も。
何だか出来損ないなのにプライド高くて偉そうな新入社員を見ているようでいらっとする事が多々あった。
しかも、そういった違和感満載の事に何ら注釈というのか補足説明も無く、
違和感ありありなことがまるで違和感無いかのように描かれているところにも違和感を感じた。
・最後まで読むか迷った結果、移動で時間があったので最後まで読んだが、読了感も本当に微妙で、終わり方もなんだかな、という感じ。
繰り返しだが著者とそのファンには申し訳無いが、ちょっとこれはひどいかな、と思いました。

同感です。ファンでもそう思います。堂場先生、もうやっつけ仕事はやめてください。お願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香良洲町☆ラ シェリ LA CHERI | トップ | 加納朋子♫我ら荒野の七重奏セ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。