日々の記録

にちにちのきろく

小川糸♫犬とペンギンと私

2017-03-06 | 小説以外の本を読む
春の「ペンギン」フェアー始めマス
「犬とペンギンと私」

〈伊勢に住んでいるペンギンのおばさんから、伊勢海老が届いた〉ペンギンはタコの頭も好物
伊勢に住んで棲んでではないいるのは、ペンギンのほうではなく、叔母さんもしくは伯母さん。

小川糸氏のエッセイ、しばらくぶりに読んでみたら、「画像なしの犬ブログ」化している。


最初の3冊は、ロハスっぽかったり、ナチュラル系ふうだったのに。

「ペンギン」が書名に入っていない本も日記エッセイとして出ていたようだ。


ペンギンフェアー、今後の予定
賞の候補で話題の森見登美彦氏の
少し前の作品「ペンギン・ハイウェイ」と、

他いろいろ予定。

フェアー関連本の紹介
水族館が舞台の小説はほかにもあるが、

そして、お気に入りの「薄ちゃん」が活躍する、警視庁いきものがかり
「ペンギンを愛した容疑者」
書籍よりも連載。メフィスト電子化で薄ちゃんに会えないのが残念で残念で・・・
須藤も連載のほうが渋い

変化球でこれ。
恩田作品直木賞で再び注目され、売れ続けているらしい。
帯には
「ペンギン一本釣り」「研究室の冷蔵庫で飼おうと・・」など、上野動物園隣接の美校に伝わる伝説。
真相は?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群ようこ♫ついに、来た? | トップ | クリームパン@シエル ブルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿