本年度に読んだ本のベストテン。

今日は大晦日。
皆さんはどんな一年でしたか。
私は、個人的には比較的落ち着いた一年でしたよ。
特に大病もしなかったし。
日本各地では、地震や台風、大雨や大雪、大火事まであったりで、
被害に遭われた方々にとっては、大変な一年でしたよね。

今年もたくさん本を買い込んでしまいました。
一ヶ月平均100冊とすると、1200冊は超えているでしょう。
処分したのが200冊ぐらい。
もっと減らさないと、部屋の中が大変なことに。

注文が入って売れたのが約90冊。
今年はちょっと少なかったかも。
来年はもっと出品しなくてはなりませんね。

そして、今年読んだ本が約150冊。
その中から、個人的にグッときた面白本を10冊ほど取り上げましょう。
古本で買い入れた文庫や新書ばかりです。
皆さんはこの中に読んだものあるでしょうか。

「書店ガール 3」碧野 圭(PHP文芸文庫)
「本棚探偵の生還」喜国 雅彦(双葉文庫)
「エンジェルフライト」佐々 涼子(集英社文庫)
「高島易断を創った男」持田 鋼一郎(新潮新書)
「リヤカー引いて世界の果てまで」吉田 正仁(幻冬舎文庫)
「安井かずみがいた時代」島﨑 今日子(集英社文庫)
「だいたい四国八十八ヶ所」宮田 珠己(集英社文庫)
「東京新大橋雨中図」杉本 章子(文春文庫)
「女子の古本屋」岡崎 武志(ちくま文庫)
「本屋になりたい」宇田 智子(ちくまプリマー新書)

この中から、ベストワンを選ぶとすると…。
「安井かずみがいた時代」でしょうか。
私たちの世代の者にとっては、忘れられない思い出の数々の曲を書いた作詞家。
そんな安井かずみの人生を、周辺の人々にインタビューして浮き彫りにしたもの。
あの時代を懐かしみながら、愛についても考えさせられた一冊でしたよ。

それではみなさん、よいお年を!
来年もたくさん面白い本が読めますように。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 疲れがどっと。 あけましてお... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。