田舎の道草

田舎の道草徒然日記

会意文字を考える

2016-12-10 | 日記
1970年代の一曲のフォークソング「悲しみは駆け足でやってくる」
アン真理子 作詞の「♪明日と言う字は明るい日と書くのね~♪」の
フレーズが突如、脳裏をかすめる。
この歳になると、思い出した事を備忘録として即書き留めて置かないと
生涯、思い出せなくなってしまう、そんな気になる。


【YouTube 動画をお借りしました】

「♪『明日』と言う字は明るい日と書くのね~♪」
「♪『若い』と言う字は苦しい字に似てるわ~♪」
なんと感性に満ちた表現だろう。

「『辛い』と言う字は幸せの一歩手前なのね」
『絆』『好』『娘』『忘れる』『忙しい』もまた解釈が楽しい。
他にもいろいろな場面で引用されて、納得させられる会意文字は多い。

漢字の成り立ちを考えると、睡眠時間を充分に満たした今は、眠れない。

『幸』は逆さにしても幸せ。だとすれば、どっちに転んでも幸せなのだろう。
『恋愛』とは、下心から始まり受けとめるものなのだろうか。
ならば、努力の『努』は、「・・・・・」。
気の利いた文字が浮かばないのは、何故だべ。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縄張りと存在の誇示 | トップ | 実感する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。