霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

ツマグロヒョウモン

2017-07-29 14:54:31 | 自然観察
今朝(29日)捕虫網に虫かご持って孫と散歩しました。アスファルトの道には沢山のミミズが干からびていて酷暑の厳しさを教えています。先にも呟いたように最近昆虫の姿が少ないのです。
そんな中、変な葉が目に飛び込んできました。近づいてみると、逆さにぶら下がった蝶の羽の裏側で赤みがかった羽に斑点が綺麗に並び生命の美しさを感じさせられます。表は橙色に黒の縁取りで、これはタテハチョウです。図鑑で調べて名前がツマグロヒョウモンわかりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老いの自覚(筋肉や関節) | トップ | 孤高の人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。