霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

孤高の人

2017-07-29 15:54:55 | 読本
新田次郎の山岳小説の中で、何度も読み返したのはこの加藤文太郎の物語です。どうしてこんなにも惹かれ憧れるのでしょうか。
自分を厳しく鍛えて挑戦する冬山の単独行、山に溶け込み厳しい自然を心から楽しむ姿、誠実な人柄描写、等々挙げられます。
単独行と言えば植村直己を思い出させますが、おそらく文太郎を手本にし真似した人は数多いと思われます。もし、もう一度若くなれたら私もその一人になりたいと今でも思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツマグロヒョウモン | トップ | 甦る化石生物(アカントステ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。