霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

恐竜(ステゴザウルス)

2017-06-14 20:49:18 | 趣味(木彫り)
ご多分にもれず私も恐竜少年でした。粘土で作るのはいつも大好きなステゴザウルスで、小学5年の夏休みの工作も勿論このステゴザウルスで意気揚々と持って行ったところ、M君もステゴザウルスを持ってきました。その上手さに圧倒されてしまい、それ以来もう作る意欲は無くなってしまいました。
今回そんな当時を思い出しつつ彫ってみました。背板は一列で交互に傾いていて頭部もずっと小さいのですが、あのM君の作品は2列でした。その格好良さを再現してみたく2列にしました。この作品を見た知人が孫にと希望されたので、頭部を実際のように小さくしたものをもう一体彫りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花 | トップ | 影を慕いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味(木彫り)」カテゴリの最新記事