霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

山羊のメーちゃん

2017-06-13 13:34:02 | 自然観察
散歩コースに山羊がいて手前の茶色いのは名前をメーちゃんと言い、通りがかった子供たちもメーちゃんと声をかけながら頭を撫でて行きます。後ろの白いのは最近飼い始めてまだ人に馴れていないようで紐で繋がれています。メーちゃんの角を触ってみるとがっしりと固くて、もし本気で頭突きされたら大怪我するでしょう。
昔は山羊を飼っている家も結構あって、沸かした山羊の乳を飲んだこともあるのですが味はよく思い出せません。のどかな光景です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが家の瓢箪たち(その10) | トップ | 絵付けひょうたん(2) ー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山里のある家に・・・ (わさび田のパパゲーノ)
2017-06-13 19:47:44
小さな山羊がいる
 最初は、赤ちゃんヤギだったが、
  いつの間にか、でっかくなっていた

飼い主は、雑草を、食べてくれるので
 うれしいと言っていた
  借りてきたと言っていたのに
   もう、何年も、住みついている

おいらがそばを通ると・・・
 めえぇえええぇと、挨拶してくれる!
山羊の眼 (たー村のたーさん)
2017-06-14 10:17:20
ヤギの眼って優しいね。

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事