霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

甦る化石生物(三葉虫) ーカンブリア紀ー

2017-07-14 19:15:19 | 趣味(木彫り)
化石と言えば真っ先に三葉虫かアンモナイトを思い浮かべます。三葉虫は5億4千万年前に登場し3億年間生き続けたというのですから、人類の百万年に比べたら雲泥の差です。
三葉虫の物語をコンピュータグラフィックのアニメで見ましたが、捕食者に追われて逃げ惑う大きな複眼の三葉虫がいたいけでとっても可愛かったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命の追いかけっこ | トップ | 甦る化石生物(アノマロカリ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たーぼー、本当に・・・ (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-15 11:19:12
O型か???

 おいらなんか、最初から、さよならーに
  なっちまいそうな、こんな、微細な作業

 すげい、集中力だな!
  パっからパンのおいらとは、大違い!

コメントを投稿

趣味(木彫り)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。