霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

七夕

2017-07-06 21:10:10 | つぶやき
相思相愛の二人を引き離し、年に一度しか逢わせないとした天帝も短気で罪なお方です。ほっておけばそのうち熱も覚めるだろうに……と、凡人は考えてしまいます。
織姫彦星のような相思相愛のカップルは、現実にはどのくらいの割合でいるのでしょうか。歌の世界では大半が失恋や片思いの話です。ふられた時の傷は時と共に癒えますが、逆につれなくして傷つけたことは時と共に疼いてきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗の赤ちゃん | トップ | 干支(未) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
両想い (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-07 20:37:32
なんてのは、絶対、ないな!
 どっちかが、ちょっぴり、悲しがっているのさ
実感がこもってますね (たー村のたーさん)
2017-07-08 17:05:15
そうですか、その辺のことを機会があったらお聞きしたいですね。
やっべ! (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-09 10:58:41
よけいなこと、書いちまったな!
 あのねえ、深く突っ込まないように

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。