霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

ブラックジャック

2017-06-16 20:51:18 | 読本
手塚治虫の漫画はどれもワクワクして感動します。登場人物の悪役でも人間味を感じさせ憎めませんし、やりきれない結末は読者に生き方を問うているようで哲学的です。女性の容姿など理知的で柔らかく思わず惹き付けられるタッチで描かれているので心憎いばかりです。
数多い作品の中でもこのブラックジャックは最高傑作のひとつだと思いますし、男の理想の姿として限りなく憧れます。20年以上昔に全12巻セットを購入したのですが、図書館で16巻までありました。もちろんすぐに読みました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵付けひょうたん(3) ー... | トップ | 恐竜(ティラノサウルス) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。