霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

道祖神

2017-08-09 21:15:35 | 趣味(木彫り)
道端や辻にひっそりと佇んでいる道祖神。旅の無事をはじめ夫婦和合や子孫繁栄を願って彫られたという石像は、どれも微笑ましくて見飽きません。
両親を相次いで亡くしてから、はや四半世紀が過ぎました。母が先に逝ったので、残された父は本当に寂しそうでした。そんな両親の供養をと、道祖神をモチーフに彫ったものです。
生前にこんなように仲良くしていればと良かったのに、と子供心を込めました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトムシ | トップ | 南十字星 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
健ちゃんの (わさび田のパパゲーノ)
2017-08-10 15:47:27
ふるさと、安曇野には、風景といっしょになった
 道祖神が、今でも、たくさんある

本当に、どれも、ほほえましい!
 たーぼーの道祖神は、
  人一倍、人なつっこい感じで、
   素晴らしいなあ!

彫った人間の、心が、映し出されている!

コメントを投稿

趣味(木彫り)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。