霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

間取りの決定

2017-08-05 15:32:17 | マイホーム建築の思い出
左図は大工さんに提出した間取り、右図はそれを元に大工さんが提案されたものです。ドンと真ん中に1間幅の廊下が通っています。
一部屋できそうで無駄ではと思いましたが、眺めているうちに全体が安定し、静かで落ち着いて見えてきました。大工さんに「坪数は気にしなくてよい」と言われたこともあり、右図に決めました。
この廊下は部屋の独立性の確保のほか、ちょっとした作業場や荷物の仮置場、また子供の遊び場にもなり無駄ではありませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甦る化石生物(マンモス) ... | トップ | 船酔い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイホーム建築の思い出」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。