霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

甦る化石生物(アノマロカリス) ーカンブリア紀ー

2017-07-16 11:30:53 | 趣味(木彫り)
大きいものは1mを超す物もいたというから向かうところ敵無しの王者で、三葉虫にとっては見つかったらもう逃げきれず、それはそれは怖い存在だったことでしょう。
しかし見れば見るほどへんてこりんなモンスターです。でも、もしかしたら私達の遠い遠いご先祖様かも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甦る化石生物(三葉虫) ー... | トップ | ナナフシモドキ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
れれれ (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-17 09:59:44
へんなもの、彫っちまったな!

 見れば見るほど、気持ちわるー!

気持ち悪いものを、気持ち悪く
 彫れるんだから
  ぬしは、やっぱあ・・・天才だあ!
土星の環 (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-17 20:45:46
が見えるぞ ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/anomarokarisu53/15747203.html
自分のニックネームに付けたのですか! (たー村のたーさん)
2017-07-19 22:50:22
このブログの方は、よほどアノマロカリスが気に入られたみたいですね。
あはは・・・ (わさび田のパパゲーノ)
2017-07-20 09:37:23
伊那で、ブログを書いていた時は、
 伊那の勘太郎って、名のっていたさ!

AB型なので、思考経路、おいらには、
 わからん

しかし、愛すべき、友さ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。