霞ヶ浦のほとりで

徒然なるままに

北極星(Polaris)

2017-06-15 16:07:00 | 雑学
冬のソナタでポラリスという言葉が出てきて、おっいいねと思った。北極星は私にとっては小さい頃から馴染みの星であり、また現役の時には毎年天測のため望遠鏡で10月の寒空に燦然と光る青白い輝点を見つけて、今年もまた会ったねと声掛けしていた特別な星である。
地球からの距離は、ちょうど1千光年と覚えていたが、新しい理科年表になる度にどんどん近くになって、現在では432光年とのこと。極にあるので距離測定が難しいのだろうけど、50年で500光年も地球に近づいており、それは光速の10倍のスピードということでアインシュタインもきっと頭を抱えるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 影を慕いて | トップ | 恐竜(ブロントザウルス) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

雑学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。