LEVEL6のさてどうする?

TWObyTWO(つうばいつう)・レベロクBRANDの製品情報と日々の悪あがき
レベ友による釣行レポートなどなど

離島×サーチワームLv.!尺アジゲット!

2016-10-17 | 山陰(釣行レポート)
日本海・離島でもレベロク・ライトゲームシリーズが活躍!
フィールドテスターの梅さんこと梅原氏からレポート!
今回は離島アジングのパターン分析~攻略をレポート♪

以下梅さんレポート…↓↓

日本海側は干満の差が10㌢程度と大きな潮位変化も無く底潮の動きも読みにくい為、攻めるタイミングを計るのが非常に難しいが、知夫里島のアジは特有な動きをしており、朝・夕まづめに決まったルートを通過し一定の時間帯で回遊が始まる。

表層・中層・ボトム付近の広範囲に回遊してくるが、尺を超える大型サイズはボトム付近を必ず通過しているように思える。

軽いウェイトのジグヘッドでフォールさせると、小型のアジが先に反応し吸い込んでしまうので、ある程度ウェイトのあるジグヘッドで素早くボトム付近に到達させる必要がある。

今回使用したジグヘッドはレベロク・スライドヘッド2gにサーチワーム(♯9パールホワイト。クリアホワイトベースにシルバーラメ+パール)をセットしたものを、堤防基礎ブロックからのブレイクラインにキャスト!

テンションフォール中にコッ!コッ!としたアジバイトが多発するが敢えて合わせを入れずに一旦ボトムへ着底させる。

ボトム付近をキープさせながらスローリーリングを行い、一気に吸い込み走るバイトを待つ!

コッ!コッ!としたバイトを我慢しながらリーリングを続け、一気にロッドにテンションが加わりフッキング〜♪











最大32・34㌢の尺アジが姿を現した〜♪

…レポートありがとうございました♪
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪湾奥!レベロクマメアジ... | トップ | ケツブル&ダートリーダーで... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。