Twinklestar-river-nouvelle blog

つれづれに映画や日々感じたことを書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「赤い砂漠」

2008-09-04 23:47:24 | 映画 Films 2005-2003

赤い砂漠
ジャンル:人間
first up 2003/11/29 20:52

ストーリー
ある交通事故がきっかけでノイローゼになり、常に不安につきまとわれる妻の話

この映画にいくら出せますか? 1500円~~2000円

音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆

コメント
これも伊映画 Il Deserto Rosso。またまたアントニオーニ。初めてのカラー作品で1964年のものです。いよいよ、愛の不毛は、人間関係の不毛にまで広がったようで、不安で不安で、不安から逃れられない女性が、結婚生活に、子どもに、そして優しい愛人にも、救いを求められない話です。

とくに最後のところで、愛人が差し伸べる救いの手さえも振り払ってしまうところが、歯がゆくも痛々しいです。やるせないというか。。。主人公の女性は事故がきっかけで心を病んでしまったのですが、子どもにさえも裏切られると感じるあたりは、「不安から助けてほしい」と誰かに救われることを思いながら、「誰かを助けることで自分も助かりたい」という深層心理が伝わるような気がします。けれども、すぐそこに差し伸べられた救いの手に、手を伸ばせない女性の話です。不安は循環していきます。

ところで、なんで赤い砂漠なんだろう?主人公は最初のシーンで、たしか緑のコートを着ています。最初のカラー作品なので色あわせしたのでしょうか。。。たぶん、赤といい、砂漠といい、なにか精神的な状況を暗示したタイトルなのだったかなぁ。最近、深読みしがちだから気になります。

この作品も随分前に見たので、記憶をたよりに書いています。またで申し訳ないのですが、モニカ・ヴィッティ演じる不安な妻がはいている靴が、とても綺麗な形状をしていて、またもや目が釘付け。ハイヒールの形が、フランスのコケティッシュな柔かい曲線のものとは違います。

先にupした「エヴァの匂い」でもジャンヌ・モローの足元が映るところがありますが、あれはフランスの曲線。「赤い砂漠」でも「夜」でも、モニカはイタリアの硬質な印象の美しいラインの靴をはいていて、欲しいなぁと思った記憶があります。

   

(2003/11/29 20:52 原文のまま)
2008.9.4 secondary up
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「夜」 | TOP | 映画「アンブレイカブル」 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 映画 Films 2005-2003

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。