父ちゃんの小部屋

自称「仕事と子育てに忙しいオトーサン」のオフタイム充実ブログ

洗濯機新調

2017-07-09 21:06:31 | 小物
10年間使い続けてきた洗濯機を新しいものへ買い換えた。
これまで普通にオーソドックスな縦型ばかりを使ってきたけれど、今回は価格もこなれてきたドラム式を試してみる事に。
これまで使ってきた洗濯機を購入した当時は、パナソニック、東芝、日立、シャープに三菱、三洋など数多くのメーカーの物が売り場に並んでいたと記憶しているが、今や三洋ブランドはなくなり、東芝(の家電部門)とシャープは海外資本に買収されている。市場を取り巻く環境が大きく変わった10年間だった様だ。
製品カタログの内容を見ると、パナソニックと日立がラインナップ的に一歩抜きんでている様に感じられ、実際に売り場の担当者さんも、そのどちらかを選んでもらえば間違いないです、との事だった。一度買えば後は長く使い続ける物なので、各社いろいろと見比べて選びたかったのだけれど、ちょっと寂しい気がした。
当初、購入予算的にお財布に優しい日立かな、と考えていたけれど、結果として店員さんが頑張って値引きしてくれたパナソニックのVX8700を購入している。パナソニックは毎年8月頃に新製品を発表する様なので、そろそろモデルチェンジに向けた在庫整理が始まっているのかも知れない。
自宅の洗濯機置き場の寸法は事前に測ってあり、余裕を持って設置可能である事は分かっていたけれど、いざ置いてみると予想以上に洗濯機の存在感が大きく、以後洗面所の眺めが一変している。
最初のうちは、扉に付いた窓越しに中で洗濯物がグルグル回るのが見えるのがとても新鮮で、子供達と並んでしばらく飽きずに眺めていたりもしたが、見ていると結構凝った運転制御が為されている様であり、本当に少ない水で、しかしキチンと汚れを落としてみせるのは見事だと思う。大型のドラムがぐわんぐわんとダイナミックに回転する脱水はなかなかに強力らしく、これまでの縦型洗濯機の簡易乾燥(通風)機能に近い印象とは妻の談。脱水終了後の洗濯物の絡まりも少ない様だ。
カタログ的には静音性の高さを謳っているが、これまでに使ってきた縦型洗濯機(インバーター制御)と比べて格段に静かになったという印象まではない。もちろん、気になる騒音をたてる事もないけれど。ただ、明らかに”出る音の種類”が縦型洗濯機のそれとは異なっている事は感じる。例えば、洗濯中は機械が発する音自体は非常に小さいが、水を吸った洗濯物が中でバチャバチャと落ちる音が支配的だったり、とか。
最新のドラム式洗濯機に対して多くの人が期待するであろう乾燥機能については、実は我が家ではまだ一度も使っていないので分からない。これまでその様な機能に頼った事がないので、結局は我が家は空模様を見ながら洗濯を考えてしまうのだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つれづれ雑感

2017-06-10 23:32:10 | ブログ
@カングー
この車の良いところは、車としての基本である「走る、曲がる、止まる」がしっかりとしていること。ゆえにとても安心して走らせられる車であることが挙げられる。一方で、商用車ベースというこの車の成り立ちもあってか、造りの良さや見た目の品質感を重視する方にとっては多分に物足りなさが感じられる車であるとも思う。じっくりと実車を見て、触れて、乗って、この車の長所と短所を納得した上で選ぶのであれば、頼もしい相棒となってくれる事うけあいだ。我が家の個体は来年5年目の車検を迎えるけれど、その先の4年間に向けてタイミングベルトなどの消耗パーツ一式をリフレッシュしようと考えている。
我が家の世代は旧式の自然吸気1.6Lエンジンに5速MT or 4速ATの組み合わせだけれど、現行ラインナップは新型のダウンサイジングターボエンジンと6速MT or 6速デュアルクラッチトランスミッションの組み合わせとなりパワートレーンが一気に近代化された。一方で販売価格の方も結構な値上げとなっている様子で、例えば我が家がこの車(Phase I 最終型, 5MT)を購入したときの価格では、今やシンプル装備のアクティフすら買えなくなっているらしい事にはちょっとおどろく。使い倒してナンボの道具車が、今や随分と立派になったものだと思う。

@胡蝶蘭
昨年の世界ラン展の特売で買い求めてきた胡蝶蘭が今年も花を咲かせてくれている。実は胡蝶蘭は初めてなのでよく分からないのだけれど、我が家での温度管理が適当すぎたためか、春になってニョキニョキと花芽が伸びてきて、ゴールデンウィーク明けに開花した。以来、一ヶ月以上にわたり目を楽しませてくれている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末

2017-06-04 20:53:36 | 旅行記
この週末は、家族でぶらりと横浜ベイエリアへ。横浜開港祭というのをやっていました。

大桟橋になにやら雰囲気が違う船が泊まっているな?と、歩いていくと、海上自衛隊の船でした。近くにいた隊員の方が、これから甲板の一般公開があると教えて下さったので、我が家も列に並ぶ事に。

「たかなみ」という護衛艦でしたが、非常に綺麗に整備されていた事が印象的。隊員の方の話によると、国有財産なので毎日徹底的に手入れをして大切に取り扱っているとの事でした。対応にあたる隊員の方々は紳士的かつ気さくな方ばかりで、艦についていろいろと丁寧に説明して下さいました。

必要性に基づく機能美が感じられ、非常に格好良い船だと感じました。なにやらいろいろと不穏なニュースが流れてくるご時世ですが、この美しい船が破壊されたり、搭載されている火器類が活躍することなく平和に月日が流れ、無事に退役してくれる事を強く願いつつ艦を後にしました。

子連達は、隊員さんからシールやペーパークラフトなどをもらって大喜び。写真はその一部、航空自衛隊ブルーインパルスのペーパークラフト。丸みを帯びたデザインから”空飛ぶイルカ”と呼ばれるらしいT-4が特徴をそのままに可愛らしくデフォルメされています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キハ82入線

2017-05-07 19:47:00 | 模型
内燃機関を持つ乗り物が好きだ。鉄道も然りで、電車よりも気動車、電気機関車よりもディーゼル機関車の方に強く惹かれる。モーターで駆動する方が静かでスマートなのは分かるが、発進や加速の度に唸りを上げるエンジンの鼓動に走る事への情熱を感じ、その高まりにシンクロして速さを増してゆく車体に頼もしさを覚えるのだ。

そういう訳で、我が家のNゲージ車輌も、格別の思い入れがある近鉄30000系ビスタカー以外全てが化石燃料を燃やして走る”熱い”ものばかり。今回入線したものもその例に漏れず、気動車である。キハ82「ひだ」(写真の車輌のヘッドマークは「南紀」)。小生が初めて乗車した国鉄特急であり、かつて76年周期で地球に接近してくるハレー彗星を観察する小学生向けのツアーに参加した際に、名古屋から飛騨高山まで往復乗車したのだった。見送りの親と駅ホームで別れ、引率のお兄さん、お姉さんの世話になりながら、ひだ号の車内でたった今出会ったばかりの大勢の友人達と楽しい鉄道旅と天体観察を満喫したのだけれど、気がつけばもうあれから30年が経つ様だ。その車窓越しに見た高山本線の景観は今でも深く印象に残っており、後継のキハ85にバトンタッチした後も何度か飛騨高山を訪れている。高山本線は景色も車輌もどちらも魅力的で、個人的に最も好きな路線の一つだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つれづれ雑感

2017-05-03 21:17:09 | ブログ
身長が伸びてJ206が小さくなってしまった長男の新しい自転車を買い求めに、いつもの自転車屋まで足を伸ばした。ネット通販で何でも割安に買えてしまうご時世ではあるけれど、安全に直結するため乗り手の体格に合ったモデルを選びたい。であれば、やはり実車でフィッティング可能な店舗で購入するに限る。更には、そこに信頼できる人物がいれば尚良し。
ただ、我々の引っ越しにより更にお店が遠くなってしまった今、それだけのために往復500kmを日帰りするのもどうかな?とは思ったけれど、思い立ったが吉日、気分転換も兼ねて家族を乗せ、先月4年目の点検を済ませたばかりのカングーに久々に火を入れた。この車、その見た目によらず高速を長距離カッ飛ぶのが得意だ。
・・・・
マウンテンバイクも格好良いけれど、最近はキッズ用のクロスバイクもあるらしい。街乗り主体でルイガノに乗り続けるのであれば、CHASSE(シャッセ)24の2016モデルが良かったのだけれど、メーカーにも店舗にも在庫がないとのことで(2017モデルはカラーリングが奇抜すぎて却下)、今回はブリヂストンのSHLEIN(シュライン)を選んだ。ルイガノに比べると車重が少々重く感じたものの、しっかりとした造りのアルミフレームを持ち、メーカーのwebサイトで見るより車体色も美しくて格好良く見えた。聞くところによると、人気モデルの一つで実際によく売れるそうだ。
2017モデルのシュラインはボタンとレバーで操作するシフターが標準なのだけれど、まだ手が小さく指が短い子供が乗る場合にはグリップ・シフトの方がハンドルから手を離さずに済むため安全だろうということで、我が家の個体はシフターを交換。ついでに長男が選んだ鮮やかなブルーの車体色に合わせてケーブルを白で引き直してもらった。
作業を待っている間、自分も新しい自転車に目移りしてしまいそうだったのだけれど、そこはグッと我慢。乗り始めてからもうすぐ干支が一回りする我が家のJEDIは屋内保管ゆえに錆知らず、定期的に消耗パーツを交換している事もあって快調そのもの。最近J16で補助輪が外れたばかりの次男も、じきにJ206へステップアップするだろうということで、子供達と出掛けるツーリングが今から待ち遠しいオトーサンである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加