庭と花の物語*西原村

小さな村の小さな庭やそこで育った花々を紹介します。季節の移り変わりとともに。

熊本城(2014年4月)   

2017年02月23日 | 熊本地震

熊本城天守閣

明治10年西南戦争のときに焼失した熊本城。

昭和30年代復元された。

当時木造の巨大建築は許可がおりず、やむなくコンクリートで造った。

木造で造られていたら、地震の被害も変わっていたかもしれない。

おもてなし武将隊という案内人がいた。

熊本城には大きな門がいくつもある。

南の大手門からはいると

 

 

宇土櫓とよばれる櫓は、本丸天守閣の北隣にある。

西南戦争の火災の時、北からの強風であったため焼失を免れた。

小さなお城ならば天守閣といえるほどに立派である。

宇土櫓

建てられた時のままに今に残っている。

床板が外されて、足下の石垣を上から見ることができた。

武者返しの石垣がみごとに見えたのであった。

熊本城は2030年を目標に修復を進めるそうだ。

次はぜひ桜の満開のときに訪れてみたい。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭のハナニラ     強す... | トップ |  庭の脇役    »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つばきやま)
2017-02-24 08:52:07
あ、2014年の写真だったのですね。
一瞬、復興が進んでるのかって、勘違いしました。
あんなに酷い災害で、そんなはずはないですね。

熊本大好きでよく行きますが、この城や阿蘇神社などの状況を見るたび、胸が痛みます。
地震の少し前に熊本へ行ってから、その後行けてません。何かどこか、見るのが怖いようで、悲しいようで~。

今、熊本城は見学できるのでしょうか?
春になったら、阿蘇地方には出かけたいと思ってはいるのですが~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。