庭と花の物語*西原村

小さな村の小さな庭やそこで育った花々を紹介します。季節の移り変わりとともに。

高野山一条院の庭   みやびと仏心

2017年04月19日 | 

一条院の内から山門を見る、

寺に入ると雅なしつらえ。

金箔と墨絵が完璧な対となっています。。

どの部屋にも重要文化財並みの調度があります。

この部屋で精進料理をいただきました。個室です。暖かい料理は、空いているところに並びます。

煮物、あげもの、蒸し物が付きます。

部屋から見えた庭。

 

朝の勧業では両親の供養を済ませました。

勧業のあと住職さん方は、庭のお堂や寺の中にあるすべての仏像を回ってお経を唱えます。

信仰心の薄い私ですが、毎日の修行のたいへんさは感じました。

朝の精進料理。

朝夕いずれも、若いお坊さんがお世話をしてくれました。

庭には八重咲の梅が満開でした。

 

『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紀国の山桜  今がおすすめ | トップ | 草原の芽吹き   今なら歩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。