旅の窓



平凡ながら列車の旅が好きで、その様子を多少時間がかかるものの、紹介しています。
日々の生活は、晴耕雨読日記を。

青い森鉄道全駅下車の旅15~小柳駅・青森駅

2016-10-14 06:00:15 | 青い森鉄道全駅下車の...
 次の下車駅は隣の小柳駅です。普通 八戸行に乗ります。


東青森  10:48着 10:48発


 1.4km、2分で到着します。
 ちなみに、東青森駅・筒井駅間も1.2kmで青い森鉄道で駅間距離が一番短いところです。




小柳   10:50着 




 相対式ホーム2面2線の無人駅です。
(矢田前駅方面)


(東青森駅方面)


 地上駅ですが跨線橋は無く、駅の側の地下道でつながっています。


 下りホームには待合室と自動券売機が、上りホームは外に待合室があります


 上りホーム側には小柳団地が有り、下りホーム側には住宅地が広がっています。




 滞在時間が38分あるので、駅前の公園にある東屋で簡単な昼食をとりました。




 次は青い森鉄道線終着、青森駅に向かいます。


小柳   11:28着 11:28発

   
東青森  11:31着 11:32発   
 東青森駅の青森側の配線は複雑で、速度が遅くても結構揺れます。


筒井   11:34着 11:34発
 国鉄時代の昭和43年8月5日、千曳駅・野辺地間が複線の現在使われている新線に切り替えられ、当時の東北本線東京駅・青森駅間全線の複線化が完成し、8月22日には電化工事も完成しました。


 しかし、実際は青森信号場(青森駅手前の高架に入るところ)・青森駅間1.9km、単線のままなのです。


 左側には、JR貨物青森総合鉄道部と青い森鉄道運輸管理所があり、そちらへ回送される列車は下の線路を通ります。
 左側の真っ直ぐ延びる線路は、青森駅を経由しないで奥羽本線・津軽線につながる貨物支線(通称、奥羽貨物支線)です。


 13分間の乗車で終着青森駅に到着します。
青森   11:41着


 島式ホーム3面6線、1・2番線が青い森鉄道線、2~6番線がJR奥羽本線・津軽線が使用している、青い森鉄道とJR東日本の共同利用駅です。


(東口)




 西口には、長い跨線橋を渡っていきます。


(西口)


 次は、小川原駅で下車します。

 つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴耕雨読日記 平成28年1... | トップ | 晴耕雨読日記 平成28年1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。