徳永則幸のTVO繁昌リポート

「繁昌」とは人が集い、出会い、賑わい、誰もが喜び実感できる世界。
日常の中でそんなハッピーなひと時を見つたいものです。

【座学ネタ話】進歩と可能性広げる「受容」体験

2016年10月14日 | 仕事の目

今日まで終日3日間の講習会。その中で受講者に体験してもらった「価値交流分析」は実に盛り上がるビジネスゲームだった。

生きている上で重要な項目に個人で価値の優先順位を付け、付け終わったらグループディスカッションでグループ全員の順位(意思)を一つにするのである。決して多数決や点数、強い意見に惑わされず妥協せず、狙いは全員が他人の考えも受け入れ「受容」してもらうことにあった。
「自分こそ正しいという考えが、あらゆる進歩の過程で最も頑強な障害となる。これほどばかげていて根拠のない考えはない。」(作家J・G・ホーランド)

他人の意見も聞かず、自分の意見を押し付ける?聞く耳持たずは社会の中ではよくあることだが、違った意見を遮断してしまうと進歩や可能性まで閉ざす恐れもあり、そうならないための貴重な体験であった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【現場通信記】できると信じ... | トップ | 【世相に一言】今どき常識!... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む