徳永則幸の繁昌リポート

「繁昌」とは人が集い、出会い、賑わい、誰もが喜び実感できる世界。
日常の中でそんなハッピーなひと時を見つたいものです。

【座学ネタ話】笑顔と夢のお手伝いが実績に

2016年09月15日 | 仕事の目
若手社員の接遇研修でよくする講話。一流大学を出て大手住宅メーカーに入社した彼は希望通り営業部門に配置されました。バイタリティもあり夢は実績上げ出世して幸せな家庭を持つことだったそうです。しかし、現実はそう容易くお客様が見つかることも売れる筈もありませんでした。

来る日も来る日も足が棒になるほど歩き回っても成果なし、その内電話口や玄関先でも断れるようになり追い込まれていったのでした。そんなある夜、帰宅した彼に母親が言ったのです。「今日もダメだったんでしょう」「そんな悲壮な顔つきでは売れるものも売れないよ」彼は鏡の自分の顔を見てハッとしたのでした。

彼が社内のトップセールスとして表彰されたのはそれから僅か5年後のことでした。彼は毎朝出掛ける前と帰宅後に鏡の前で笑顔の訓練をし、ただただお客様にマイホームの夢を叶えてもらおうと必至で駆けずり回っていたのでした。
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【現場奮闘記】町の婦人服店... | トップ | 【明日の道標】心の目開いて... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む