放送まにあ 試験電波発射中!!

ラ・テ受信雑記他・私の得意ジャンルでの情報を発信します。このサイトは個人的な趣味により制作されています。

予備送信施設の考察

2017年05月19日 11時12分30秒 | テレビ・ラジオ受信関係
前の記事の続きになります。

大阪90kWについては以前記事にしたことがあります。
http://blog.goo.ne.jp/tvdx5/e/65758fd6341ed030717c59bbf649401b

そこで無線局免許を調べてみた。



すると予備送信所には羽曳野市が載っている。
つまり、第2放送の送信所の場所に第1放送の予備送信所を設けたということ。

同じような例が札幌局。
以前記事にしていました。

http://blog.goo.ne.jp/tvdx5/e/10fa6cd2e78f6968c74a92b80d0f8097

こちらも無線局免許を検索してみる



江別は第1も第2もほぼ同じ場所です。
免許には90kWが記載されています。

あと知らなかったのがCKの予備。


送信所は弥冨なのだが、
予備送信所は岐阜になっているんですよね。

予備送信所をしらべてみるのもなかなか面白い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BKの減力放送アナウンス捕獲 | トップ | V-LOW(兵庫東播磨地区)に予... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。