つつじの書・・

霧島つつじが大好きです。
のんびりと過ごしている、日々の暮らしを、
少しずつ書いていきたいと思います。

蔦温泉

2017-08-08 14:32:26 | 夫と・・・・。

夫は若い時、友人と二人で青森を旅し
十和田湖近くの「蔦温泉」に泊まり、その温泉がとにかく心に残ったとかで
夏休みの旅行の計画をするときに必ず言い出します。

私は「遠い」、「夏に温泉」、は気が重く、間際に電話をすると、いつも満室。
今年は早々と計画をして宿の予約ができたので義姉も誘って3人旅になりました。

朝晩霧が立ち込める蔦温泉は、市街地から1時間近く山に入った一軒宿。
大町桂月も本籍を移し、ついの住処にしたそうです。

2日目は、宿前からバスで奥入瀬渓流沿いを歩き、十和田湖遊覧。

3日目は何の計画もなく、盛岡に途中下車しました。
ちょうど「さんさ踊り」が始まる日で、市内の目抜き通りは
夜に見学をする場所取りのシートがたくさん敷き詰めてありました。
駅前では「ミスさんさ」 も加わって軽快な太鼓のリズムに合わせての
「さんさ踊り」を見ることができました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エッセイ お歳は? | トップ | 実家 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む