トット・ベーネ日記

いよいよ68歳に突入、老人を生き抜くために日常的に心に留めておく三原則を 動く。楽しむ。喜ばす。(与える。)に。27.1

栃木.群馬.長野の旅行

2017-06-15 | 全般・社会学習・その他・おいおい
日光東照宮の鳥居は可也山の石



あまり行く機会がない栃木.群馬.長野県、特に大改装が行われた日光東照宮を観たいと思って行ってきました。そして、日光東照宮の石鳥居は、糸島富士と言われる可也山から切り出された石で、徳川家康が日光山に祀られた翌年の1618年(元和4年)に黒田長政によって奉納されたものだそうですが、以前可也山に登った時クリック)に興味深く思っていましたので感慨深いものがありました。あと、華厳の滝、吹割の滝、草津温泉、軽井沢、小江戸川越などの観光をして楽しませてもらいましたが、名所旧跡は観光客が多いことからこの際と思ってか少し商業主義に走り過ぎという感じを受け面白くないところがありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入り | トップ | ようやく梅雨らしく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

全般・社会学習・その他・おいおい」カテゴリの最新記事