からくの一人遊び

音楽、小説、映画、何でも紹介、あと雑文です。

手紙/岡林信康

2017-07-23 | 音楽
手紙/岡林信康


これ、中学時代に聴いて衝撃を受けた。

そして自分の無知を恥じた。

だからどうだって訳ではないけれど・・・・。

ただこの時代と現代ってちっとも変ってないなぁ、と思っただけ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kiss - I Was Made For Lovin... | トップ | ミシン-浜田真理子 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知らなくてもよいこと (ろこ)
2017-07-24 14:42:20
こんにちは。
 私も大きくなるまでこの差別用語を知りませんでした。
 そして差別があることも。
 知らない人が多くなることが望ましいような気がします。
 あえて知ってどうするの?
 差別を改めて知るって差別の連鎖になるような気がします。
 こんな差別用語を知らない人ばかりの方がいいに決まってます。
 
Re.避けて通れないもの (からく)
2017-07-24 16:10:49
ろこさま、コメントありがとうございます。

なるほど、確かに知らない人ばかりの世の中のほうがいいですよね。連鎖も心配です。
ただ、現実問題として考えると避けては通れない問題だとは思います。
関東では知らない若者が多くなってきてそれを知っても”だからなに?”と返答が返ってくることが多くなりました。
でも何故か関西では未だにそれに対する差別が根強くあります。
ネットの世界では部落の人たちはもともと人種が違うと言い切る輩が多くいます。
同じ日本人なのに・・・・。
これは、教育の欠如の結果だと思います。
正しく教えて、正しく知る。
やはりこの問題には必要なことだと思うのですが・・・。
どうでしょうか?
Unknown (ろこ)
2017-07-24 17:27:09
 なるほど。そうですか。
 私は東京出身なので、大学生になっても「部落」について知りませんでした。
  東京の子は知らない子の方が多いと思います。
  今、ヘイトスピーチなどと言われて、差別について問題になっています。
 部落だけにかぎらず、国籍の違い、肌の色で差別すること、宗教の差などについての差別教育は必要だと思います。
 差別と言えば、収入などの格差が広がり、宗教間の問題が国際的なうねりとなっています。
 「手紙」の歌で「部落」について考えるようになればよいですが、あらためて、初めてそういう差別があるのだと知る人も多いことでしょうね。
 負の知識の拡散にもなりますが、そこで、差別について考えるきっかけになるのなら良いと思います。
 
 
 
Re.ろこさま (からく)
2017-07-24 17:45:19
そうです。
そこなんですよね。
差別は部落だけに限らないのです。
”いじめ”も差別です。
それによって自ら命を絶つ人の多いこと・・・。
手紙の歌をアップするのには結構悩みました。
でも敢えてアップしたのは、未だに差別がはびこっている現状を訴えたかったからです。
そんなことがない世の中になればいいのですが・・・。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL