花ひらく政治を願って---精一杯思いをつづります!

政治情勢を大局的につかみ、豊かな実践を交流したいものです!

今週の国会、焦点は23日の「森友学園」理事長喚問!

2017年03月21日 | 日記
   異常ともいえる安値での国有地売却、超右翼的な特異教育内容など、「森友学園」をねぐる疑惑と問題が安倍晋三政権を揺るがしている現状に多くの国民が関心を示していることは確か。   今週は23日に衆参両院の予算委員会で同学園理事長の証人喚問が行われることが決まっている。   喚問では、同学園が海溝を目指してきた小学校の用地として国有地が鑑定額より8億円も安く払い下げられた経緯、とりわけ政治家の関与などが焦点となることだけは間違いない。   「森友学園」理事長は16日に実施された参院予算委員会の現地調査に対して、安倍晋三首相から妻の昭恵氏を通じて100万円の寄付を受け取ったと発言。   首相は17日の衆院外務委員会でそれを否定する一方で、昭恵氏が「森友学園」疑惑発覚後も同理事長の妻とメールのやり取りを続けていたことを明らかにした。   安倍晋三夫妻の同学園との関係や道義的責任も改めて問われることになるのである。   繰り返して強調しておきたいが、この問題の根本は国有地格安払い下げへの政治家の関与と、「森友学園」を安倍晋三首相夫人が3回も講演に行き持ち上げる中で、安倍首相からの寄付があったのかどうかを徹底検証することではないか。-----大いに注目したいところである!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「森友学園」疑惑の解明は待... | トップ | 「共謀罪」の名称変えて「テ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。