花ひらく政治を願って---精一杯思いをつづります!

政治情勢を大局的につかみ、豊かな実践を交流したいものです!

南スーダンPKO派遣部隊の「日報」隠ぺい問題 ------安倍政権の 「記憶にない」「記録がない」は重罪そのもの!

2017年07月31日 | 日記
   南スーダンへの陸上自衛隊の派遣に際して、「PKO参加五原則の停戦合意がある限り戦闘は起きていない----」と言い張る安倍政権に対して、厳しい批判を行った陸自幹部が存在していることが一部マスコミで報道された。   戦闘を衝突と言い張る安倍政権に対して、「ふざけるな!」との厳しい批判の声である。   現地の部隊が作成した「日報」には、「戦闘」という文字が記されていたことも事実である。   その「日報」を隠ぺいした問題で、稲田防衛相が辞任に追い込まれたことも事実である。   ところが、特別監察は稲田防衛相の関与を認めず、非公表や削除は陸自幹部の指示だと言い張っているのだ。   日報データーの存在そのものが、稲田防衛相に報告されていたかどうかについても曖昧になっているのである。   派遣した隊員の命に係わる記録が国会でも論戦となった取り扱いについて、防衛相が「知らぬ!「存ぜぬ!」とは全く信じ難い話である。   これまでの経過の中で、政権の側から真実が語られたとは到底信じがたいのである。   「記憶にない」「記録がない」などとウソをつくことは、周りとともに自らの心をも蝕む重罪に値することは確かだ。   例え、稲田防衛相が辞任し顔ぶれを変えたとしても、疑惑の元凶である安倍晋三首相が居座っていては同じことが繰り返されることだけは間違いない。   真実を覆い隠し、人間を壊していく政権の罪が重いことだけは確かである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍政権の労働法制改悪の狙... | トップ | 本日{8月1日)から医療・介護... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。