花ひらく政治を願って---精一杯思いをつづります!

政治情勢を大局的につかみ、豊かな実践を交流したいものです!

自衛隊の派兵が現実味を帯びてきた-------安倍首相の「改憲発言」は憲法擁護義務違反!

2017年05月12日 | 日記
   憲法9条に自衛隊を明記し、2020年施行をめざす発言を繰り返す安倍首相、----憲法の核心である9条の改憲に向けて大きく踏み込んだことは事実である。   「9条1項・2項」はそのままで、新たに自衛隊の記述を加えるというもの。それは、ただ単に自衛隊の存在を追認するだけにとどまらず、海外の「戦闘地域」での米軍支援や武器輸送・弾薬提供など、安倍政権が強行した「戦争法」によって、活動が大きく変貌した自衛隊の大いなる活用である。   自衛隊を憲法上認めるようなことにでもなれば、自衛隊は何の制約もなく海外で武力行使できることになるのである。   既に自民党は「国防軍」を創設する「憲法改正草案」をだしているのだから驚く。   これらが自衛隊の活動として憲法に書き込まれたとしたら、海外における武力行使を含む活動が無制限にできるようになることも間違いない。   安倍首相の国会答弁では、自衛隊を憲法にどう書き込むかについては、「自民党の中でご論議いただきたい----」とも述べ本心をはぐらかしているのだが、その執念は極めて強いものと危惧せざるを得ない。   このような安倍首相の「改憲発言」は、明らかに憲法擁護義務違反であり断じて容認することはできない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首相の「自衛隊合憲論」発言... | トップ | 平和・民主・自由の日本をめ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事