花ひらく政治を願って---精一杯思いをつづります!

政治情勢を大局的につかみ、豊かな実践を交流したいものです!

「カジノ法案」審議入り切迫 ------- 安倍政権と与党・自公挙げて、「賭博解禁」まっしぐら!!

2016年11月08日 | 日記
   マスコミ報道によると、刑法が禁じている賭博行為を解禁する「カジノ法案」が9日にも、衆院内閣委員会で審議入りする動きが出ているとのこと。   与党と維新の党が足並みをそろえて、その推進に気合を入れているとか。国民からの批判を恐れた公明党、-----当初は反対の意向を示していたのだが、ここにきて審議入りを容認する見通しが固まったようだとの報道。   同法案は、自民党と維新の党などが昨年の通常国会に共同提出し、継続案件となっている法案である。   衆院内閣委員会では2日に国家公務員給与法改正案の審議が終了したことから、自民、維新両党は「カジノ法案」の早期審議入りを狙っていたのである。   自民党では、観光業界に影響力を持つ二階俊博幹事長や、カジノ推進の議員連盟会長を務める細田博之総務会長らが旗振り役になっているとか。   同議員連盟の最高顧問を務めたこともある安倍晋三首相も、6月に閣議決定した「日本再興戦略2016」にカジノを「成長戦略」の一環として盛り込むなど、内閣挙げて「賭博解禁」をめざす姿勢である。   安倍政権挙げて博打に邁進するなどもっての外で、断じて許されることではないし強く抗議する!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆院規則無視のTPP強行! ----... | トップ | TPP関連法案が採決強行で衆院... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事