花ひらく政治を願って---精一杯思いをつづります!

政治情勢を大局的につかみ、豊かな実践を交流したいものです!

次期総選挙に勝つためには、「野党連立政権」確立への確固とした展望が不可欠である!

2016年10月25日 | 日記
   政党の綱領や将来像が異なっていても、国民の切実な願いに応えて、当面する一致点で協力することが政党間の共闘の当然の姿であることは確かである。   ところが民進党内には、一部の議員の発言ではあるのだが、「綱領、理念、政策が違う党とは政権を共にできない----」との声があり、論理的には民進党の単独政権を主張する者もいるとか。   しかしよく考えてみると、「綱領、理念、政策」が同じだったら同じ政党ということになるのではないか。   現在の複雑な政治情勢の中で、「民進党の単独政権」などということが現実味を帯びているのかどうかは全く疑わしいと断言するのだが。   綱領や将来像が違っていても、国民の切実な願いにこたえて、当面する一致点で協力し合う、-----これが、政党間の共闘の当たり前の姿ではないか。   そのことは、「選挙協力」ということだけではなくて、「政権協力」ということでも同じことだと確信するのだが----。   「野党連立政権」樹立への確固とした展望を切り開くためにも、次期総選挙での「野党共闘」の確固とした力が示されることが不可欠で、この段階での野党の前向きな合意を得るための、真剣な取り組みが欠かせないと思うのだが。   綱領や将来像が違っていても、「当面する国民要求実現のために一致点で協力する」ことの緊急性を、今一度、その認識を新たにしなければならないのではないか。   次期総選挙に勝つためには、「野党連立政権」確立への確固とした展望が不可欠であることだけは間違いないと確信するのだが----。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武器をひけらかした自衛隊で... | トップ | 本格的な相互支援・協力の「... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。