Le ton fait la chanson,le ton ne fait pas la chanson.

<創る>がテーマのアイディア帳。つくるココロを育てます pour votre creation d'avenir

Pintade roti (pour le Noel)

2014-12-27 | ●Recette 実験レシピの部屋

  クリスマスのメニューは何がいいかなー。

  と、ホロホロ鶏(Pintade パンタード)の丸鳥(2000円ほど)を見つけたのでそれを使ってみることにしました。

  あまり、日本ではなじみがない鶏だとおもいますが、旨みがあっておいしい。

 

  まずは、↑ 丸鶏を、塩とハーブで2日ほど寝かせたものを、クリスマス当日、焼きました。

  オーブンだけだと時間がかかるので、まずは、深鍋にいれて、お酒を軽くふりかけ、20分ほど蒸し焼きに。

  それから、オーブンで30分ほど。あとは、アルミホイルで全体をくるんでおいておけば、もし、中心あたりに火が通ってなくても、ばっちり中まで火が通ります。

  まずは、背中の肉あたりをきれいにそぎ落とし、クリスマスディナープレートといたしました。

 

   「ホロホロ鶏のロースト(マスタード&クリームバルサミコソース)・カニクリームのニョッキ添え」

 

   前菜は、スモークサーモンのサラダです。

    「スモークサーモン・モッツアレラ・アボカドのサラダ、コンソメジュレがけ

   ドレッシングは、ライム・バルサミコ・ポン酢を混ぜた、さっぱり系にしました。

 

  うまかった。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Monoprixエコバッグ 2014

2014-12-22 | ●collection ムダの部屋

2012年以降、フランスには行ってませんが、お土産でエコバックをもらったりして、

2014年のも、2つ手に入りました。

 

 ↑ カラフルな文字入りテープをくっつけたようなデザイン

  上の魚のも、ベースのブルー色が(画像だとちょっと違う色味になってますが、)日本にはないブルーのチョイス。

 いままでのエコバックもバリバリ大活躍してますが、これらも、ちょっと保管しておいて、またそのうち使わせてもらいましょう。

  これまでのモノプリエコバックの記事はこちらをクリック。

  「モノプリエコバック

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鴨のマスタードソース&クリームポテト

2014-12-15 | ●Recette 実験レシピの部屋

 冬は、カモが食べたくなる-。

 ということで、

 「鴨のマスタードソース&クリームポテト

 材料:鴨(生)・マスタード・マヨネーズ・ハーブ粉・しめじなどのキノコ・さやいんげんなどの緑色野菜

    ジャガイモ・生クリーム・チキンブイヨン・塩コショウ

 ①ジャガイモは輪切りにし、レンジで3分ほど加熱。そこに生クリーム・チキンブイヨン少々・塩コショウで味をつけておく。

  ②鴨は、両面を焼いたあと、キノコなどの野菜類を加え、ハーブ粉を入れ、マスタード:マヨネーズを2:1の割合で加え、

   全体を炒め混ぜできあがり。

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

サーモンクリームのパン

2014-12-11 | ●Recette Pain 捏ねの部屋

 フランス土産で、la belle-iloiseのサーモンクリーム缶をもらいました。

 パンに塗って食べてもいいですが、これをパンに入れて、焼いちゃいます。

 「サーモンクリーム入りのパン

 Pain a la creme de saumon

 材料:強力粉150g・ドライイースト小さじ1・はちみつ大匙1・オリーブオイルおさじ1・塩小さじ2

 ↓ こちらが、サーモンクリーム(サーモンパテのようなもの)です。

la belle-iloise のメーカーのものですね。la belle-iloiseは、フランスブルターニュのほうのメーカーです。

魚ものの缶詰のほか、海藻入り塩なんかもあります。もちろん、パリでも買えますが、ブルターニュに行った際には

ぜひ寄ってみてください。

 パンの二次発酵の際に、こちらのサーモンクリームを包んで、焼きます。

 白ワインにも合うパンってかんじですね。

 クリスマスに、ムール貝の白ワイン蒸しなどと一緒にこれを食べれば、言うことなしです。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加