Le ton fait la chanson,le ton ne fait pas la chanson.

<創る>がテーマのアイディア帳。つくるココロを育てます pour votre creation d'avenir

岐阜系☆栗きんとん、『欧風な香り』

2016-10-18 | ●Recette 実験レシピの部屋

生栗を扱ったことがあまりないため、本当は、“皮に切り込みを入れて、数分茹でたあと、高熱のオーブンで数分焼くと、殻がきれいにむける”という方法で、栗をまるごと取り出したかったのですが、栗に対する“感”がないため、説明の“数分”が何分かわからず、茹ですぎてしまったようで、オーブンが終わったころには、すっかり栗に火が通り、ホロホロの状態でしか栗が取り出せず。

 これ、どうしたもんかなと考えてたところ、『中津川風栗きんとん』にすればいいかと思い立ち、でも、あれ、買うと高いんだけど、あのかんじでそのまま作るのは私の性分ではないので、味は洋風にすることで、最初の失敗をチャラにしようとポジティブモードに切替え。(なんのこっちゃ。)

 

 『岐阜風の栗きんとん、欧風の香り』

 材料:茹でた栗、メープルシロップ、蜂蜜、砂糖、黒糖少々、シナモン

 作り方:1.茹でた栗をスプーンなどで取り出す。

     2.取り出した栗をジップロックなどの袋にいれ、メープルシロップ:蜂蜜:砂糖を3:1:1の割合で加え、30秒~1分レンジで加熱。袋の上から麺棒などで栗をさらに潰したら、シナモンをお好みの量(このときは、小さじ1はいれました)加え、袋を揉むように全体を混ぜたら、ラップで栗きんとんのかたちに包んでできあがり。

 

    

 ラップの上からギュッと固めれば、メープルシロップも入っているので、しっとり系の栗きんとんにしあがります。

 お酒は入ってませんが、多分シナモン効果でお酒が入っているような深みと香りがでます。

 

   

『今日の献立』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ?ホワイトセロリはどんな味? | TOP | バターチキンカレー、みたい... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。