Le ton fait la chanson,le ton ne fait pas la chanson.

<創る>がテーマのアイディア帳。つくるココロを育てます pour votre creation d'avenir

バターチキンカレー、みたいな(;´∀`)

2016-10-23 | ●Recette 実験レシピの部屋

  “みたいな”シリーズ第2弾!

  (ちなみに、第1弾は、<つ〇めグリルのトマトファルシみたいな。>でした。)

 無〇良品に行ったときに、毎回前面にだされているので目につく、バターチキンカレー。

 でも、1人前のレトルトパック、それなりの値段。これは自分で作ったほうがよさそうだ。とバターチキンカレーのレシピをパラパラと検索。

バターチキンカレーってヨーグルトとか使うみたいだけど、ヨーグルトはない。わざわざそのためにかうのも面倒。あ。冷蔵庫に、KIRIの6ピース(8ピース?)入りクリームチーズの最後の1個があったぞ。これ使えるんじゃない?ってことで、バターチキンカレーみたいなものに挑戦☆

 トマトも入れたいけど、生のトマトがあいにくない。

カゴメのトマトペースストがあった。これ、余計な味があまりないし、濃縮タイプだし、使えそう。

 

  『バターチキンカレー、みたいな。』

  材料:鶏むね肉1枚・KIRIクリームチーズ1P・カレー粉大さじ1・ココナッツオイル大さじ1・牛乳大さじ1弱・

    生姜小さじ1・ニンニクパウダー適量・カゴメトマトペースト半分・ほうれん草パウダー小さじ2(離乳食の。)・

    ピーマン半分・玉ねぎ4分の1・カレールー2かけ・クリームシチュールー1かけ

 

  作り方:1.↑鶏肉を一口大にきり、カレー粉・クリームチーズ・牛乳をくわえ、もみこんで30分くらいおく。

    2.フライパン(もしくは鍋)に、1の鶏肉と、ピーマン、玉ねぎのみじん切りを加え、生姜とニンニクパウダーを加え、ココナッツオイルで炒める。

    3.鶏肉の表面が白く、火が通ってきたら、トマトペースト、ほうれん草パウダーを加え、全体をよくまぜたら、鶏肉が隠れるくらいの水を加え、中火で煮る。

    4.全体に火が通ったら、カレールーと、クリームシチュールーを加え、さらにコトコトと10-15分煮たらできあがり。

 

  

 全体の調理時間は30分ほどです。インドカレー系は、出来立てがおいしいものなので、日本のカレーのようにずーっと煮込むことはしません。まぁ、煮込むのに時間がかかりそうな野菜が入っていないというのもありますが。カレールーと、クリームシチューの合わせ技と、炒めるときに、ココナッツオイルを使うことで、バターは入れずに、<バターチキン>らしいコクとまろやかさを出したのがポイントです。 辛くないカレーなので、子供でももちろん食べられますね。

    

 

 

『今日の献立』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜系☆栗きんとん、『欧風な... | TOP | 危うくスモックに?のドルマ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。