トルクメニスタンに住んでます。

トルクメニスタンの首都アシガバート(Aşgabat/Ashgabat)での暮らしを綴ります。

しあわせのパン

2017-08-13 14:28:43 | 日記
トルクメニスタンの主食はパンです。
食堂やレストランで、プロフなどのコメ料理を注文した時でも、「パンは?」と聞かれます。
というわけで、実に様々な種類のパンが売られています。パンはトルクメン語で「チョレク」。
種類によって、「チョレク〇〇」と名前が変わるそうです。
最も一般的なのは、その名も「チョレク」というこの種類。「パンと言えば、これ。」ということなのでしょう。

■スマホで大きさ比較


これで1マナト(約32円)。
表面の模様が特徴的です。これは、焼く際に中の空気を抜くために開ける穴だそうで、店によって模様が異なると聞きました。
焼きたては、えもいわれぬ香ばしさで、外はカリッ、中はモチッです。ただ、冷めると急速に硬くなるのが玉に瑕。そして、この大きさですから食べきるのに3,4日かかり、日が経てば経つほど、ぼそぼその食感になってしまいます。最近は、買ってからすぐに切り分け冷凍しています。食べる時はフライパンに蓋をして温めると、もちっとした食感に戻ります。

■ある小売店に並んでいたパン




いわゆる白パンが多いように感じますが、ライ麦パンのような黒パンも売られています。食パンの形の黒パンはほのかな酸味があります。

今のところ、アシガバートで一番おいしいと思うクロワッサンは、Berkararに入っているフランス風(?)カフェ&パン屋「LA TARTINE」。バターの風味がしっかりします。1個4マナト(約130円)。たまの贅沢に購入しています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・バンク | トップ | さざなみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。