ダルビッシュがサイヤング賞を取るまで

2017年の開幕前に期待度が高い

ロドニー、9番目の移籍先はツインズ

2017-12-15 05:05:27 | MLB

私の記憶の中ではレイズという印象だが、こんなにチームを転々としているとは。

https://www.mlb.com/news/twins-sign-free-agent-fernando-rodney/c-263538566

10セーブ以上あげた2008年以降のシーズンのみ。

                                                              WHIP  被打率

 2008年 13セーブ 4.91 40.1回 49三振 1.59 .224 タイガース 

 2009年 37セーブ 4.40 75.2回 61三振 1.47 .249 

 2010年 14セーブ 4.24 68.0回 53三振 1.54 .263 エンゼルス

 2011年     3セーブ 4.50 32.0回 26三振 1.69 .224

 2012年 48セーブ 0.60 74.2回 76三振 0.78 .167 レイズ

 2013年 37セーブ 3.38 66.2回 82三振 1.34 .211 

 2014年 48セーブ 2.85 66.1回 76三振 1.34 .244 マリナーズ

 2015年 16セーブ 4.74 62.2回 58三振 1.40 .248 マリナーズ → カブス

 2016年 25セーブ 3.44 65.1回 74三振 1.39 .228 パドレス → マーリンズ

 2017年 39セーブ 4.23 55.1回 65三振 1.19 .200 ダイヤモンドバックス

 

やはり、レイズ在籍時の2012年の成績が突出している。防御率とWHIPが0点台、被打率は1割台。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大谷、前途洋々 | トップ | 2017年度A級棋士勝率ランキン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MLB」カテゴリの最新記事