ダルビッシュがサイヤング賞を取るまで

2017年の開幕前に期待度が高い

SI、2016年記憶に残る10人の選手

2016-12-31 19:29:03 | MLB

MVPやサイヤング賞獲得した選手10人、3000本安打のイチローはもちろん入っていない。

http://www.si.com/mlb/2016/12/19/top-10-most-memorable-players-2016

1.クリス・ブライアント、シカゴ・カブス

 ナリーグのMVP。昨年は新人王。

2.デビッド・オルティス、レッドソックス

 現役最後の年にとんでもない成績を残した。

 38本塁打 127打点 .315/.401/.620

 5年後の野球殿堂入りは確実。

3.ホセ・ヘルナンデス、マーリンズ

 24歳で事故死したマーリンズの投手。

4.アンドリュー・ミラー、ヤンキース→インディアンズ

 中継ぎで素晴らしい成績を残した。

5.マイク・トラウト、エンジェルズ

 アリーグのMVP。何でWARが高いのかいまだに理解できない。

6.マックス・シャーザー、ナショナルズ

 2度目のサイヤング賞。前回はタイガースで受賞、ダルビッシュが2位。WBCにも出場するらしいが。

7.ゲーリー・サンチェス、ヤンキース

 突然出現したヤンキースの期待の星。8月にMLB初の本塁打を打ち、53試合で20本塁打を記録。

8.ムーキー・ベッツ、レッドソックス

 広島の鈴木のように、今年大ブレークした24歳の外野手。

 31本塁打 113打点 .318/.363/.534 26盗塁(成功率は87%)  MVPは惜しくもトラウトに及ばず。

9.コーリー・シーガー、ドジャース

 前田の同僚で新人王を満票で獲得。MVP争いでも3位。

 26本塁打 .308/.365/.512

10.トレボー・ストーリー

 最初の6試合で7本塁打の新人。ケガのため、27本塁打で7月30日でシーズンを終了。

 フル出場していたら、本塁打王、新人王だったかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A級順位戦7回戦、1月10日~... | トップ | 世界で最も危険な国ランキング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む